人気ブログランキング |

カテゴリ:大阪( 5 )

大阪 淀屋橋 (1)

b0408745_20263908.jpeg

御堂筋と土佐堀川が交わる要所・淀屋橋は、言わずと知れた大阪の高級オフィス街。
大阪市役所、日本銀行などの官公庁、日本生命、三井住友銀行などの金融機関大手を始めとした大企業が並ぶ。
自分にとっても仕事の方で数々の企業を繰り返し訪問し市場開拓や顧客サービスに精を出した馴染みの土地であった。
仕事を離れて街歩きの視点でぶらつくのもまた楽しい地。
重厚な大型ビルが多いが、少し路地に入ると庶民的な建物に混じって歴史的建築も散見される。
往時の繁栄を偲ばせる所謂モダン建築があちこちに残っており、建築ファンならずともレトロな景観を楽しむことが出来る。
古くから商人の街を誇った大阪人の息吹が聞こえて来るようだ。

by ptaro2009q2 | 2019-04-09 21:32 | 大阪

大阪 道修町 (1)

b0408745_21255465.jpeg


久しぶりに胸踊る小説に巡り会った。
伊集院静 著 『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』(上・下)である。
後に日本初の国産ウイスキーを作り、今や日本を代表する企業サントリーの創業者である鳥井信治郎の生涯を描いた長編小説、本日上巻を読み終えた。
当時の次男坊の宿命で信治郎は13歳で薬種問屋「小西儀助商店」に丁稚奉公に入る。明治20年代の頃である。
上巻では厳しい丁稚奉公時代、店に仕え商いを学びやがて頭角を現す信治郎の様子が生き生きと描かれている。
丁稚奉公時代の舞台となっていたのが、大阪の道修町(どしょうまち)。
薬問屋が並ぶ町であったが、現在でも武田、田辺、塩野義など錚々たる製薬会社が軒を連ねるビジネスゾーンである。
個人的には、外資系銀行に勤務していたのだが、道修町は大阪出張の際には営業で必ず訪れ もう30年ほど馴染みのある土地、懐かしく小説を読ませてもらった。
何事にも懐疑的、慎重で行動迄の決断に時間のかかる東京の会社に比べ、「やってみなはれ」、「それでアカンかったらやめまひょ」精神で素早く意思決定、毛色の違うアメリカの会社の話にも毛嫌いすることなく耳を傾けて契約を呉れる大阪の会社の実践主義、胆力が懐かしく思い出されたが、その土壌の中心地のひとつがこの道修町だったと感慨を新たにした。
さて次は早速下巻を読むことにしよう。


by ptaro2009q2 | 2019-04-08 21:24 | 大阪

大阪 淀屋橋 (1)

b0408745_08400076.jpeg

出張で大阪へ行くと必ず訪れるのが淀屋橋エリア。
御堂筋を中心に名うての大企業・名門企業が集まるビジネスゾーンであるが、路地に入ると意外にホッとする街並みがある。
レトロなモダン洋風建築が多いのもこの地区の特徴、仕事を離れカメラ片手に街歩きに専念したい誘惑に駆られるものだ。
写真は客訪問の間に時折寄っていた「丸福珈琲店」。
現在は違う店に変わってしまったが、蔦の絡まるクラッシックな佇まい、此処で飲む濃いコーヒーに良い時間を貰ったものだった。



by ptaro2009q2 | 2019-03-03 08:40 | 大阪

大阪 なんば (1)

b0408745_10031967.jpeg


大阪の夜はいつも活気に溢れている。
小路に入っても赤や黄色の派手な看板や提灯絶えることなく、自然と元気湧いてくる。
飲まなくても酔った気分でふらふら千鳥足、ミナミの一角を歩いているうちに迷い込んでしまった。
もうどっちへどう行ったら良いのか分からない。

by ptaro2009q2 | 2019-03-02 10:02 | 大阪

大阪 新世界 (1)

b0408745_10133532.jpeg

「ナニワのエッフェル塔」を背に自転車で行くオッチャン、いやこれぞコテコテの大阪やなあ。
将棋の阪田三吉ゆかりの地。「ソースの二度漬け禁止」の串カツ店が犇めき、フグの看板を始めとしたド派手な看板が競い合う。
昭和30-40年代の街並みが残るディープで懐かしい地。何だか空気がとっても濃いゾ。
初めて当地を訪れた30余年前、道行く年配のオジチャン・オバチャンの派手な風貌(ヒョウ柄はオバチャンの制服?)と色彩感覚にここはラテンの世界かと、かなりのカルチャーショックを抱いたものだった。
さて、最近の気になる話題だが、通天閣の最寄駅の新今宮駅周辺のこと。
1970年代までは日雇い労働者が良く暴動を起こしていた街、ガラの悪い土地の代名詞、住みたくないエリアで土地価格も極端に低い評価であった街だが、最近は整備が進み綺麗な街に大きく変貌しようとしている。
大阪市のプロジェクトに高級リゾートホテルで台頭した星野リゾートが応募し、駅北側に広大な緑地に囲まれたホテルを建設するそうな。
今まで見向きもされなかった場所が何かを切っ掛けに大きく変貌していくのは実に興味深い。
あの星野リゾートのやり手社長が目を付けた意味がホテル開業の2022年前後から形になって現れることであろう。
またこの新ホテル地区の影響で地元の人たちのライフスタイルがどういう化学反応を示して行くかも注目大である。

by ptaro2009q2 | 2019-03-01 10:13 | 大阪