人気ブログランキング |

カテゴリ:神奈川( 6 )

b0408745_08335006.jpeg

9月10日は夏の青春18きっぷ利用期間の最終日。
残りの一枚は、千葉の外房線で大原へ行き「孤独のグルメ」で紹介された豚肉の美味しいお店でトンカツとチャーシュー麺でも頂こうと以前から決めており、最寄JR駅・津田沼へ。
昨日の台風の影響で外房線は開通しておらず、総じて内房線や総武本線など房総半島を巡る幹線も動いていないことを知る。
それではということで、西船橋から武蔵野線へ乗り新松戸へ。
常磐線で水戸或いはその手前で2カ月前に行ったレトロ建築の街並みが美しい石岡へ行こうとしたが、新松戸に到着した時点で常磐線も取手以降動いていないことが判明。青春きっぷ、1回2370円分くらいは乗って元を取りたいが、あちこちの路線で運休遅延相次ぎ、行き先についてパッと良いアイデアが浮かばない。台風の猛威は予想以上だ、祈る復旧!
とりあえず都心に向かう常磐線・上野行きに飛び乗った。
もういっそのこと青春きっぷで山手線でもぐるぐる廻ってみるか(笑笑)。
上野到着、上野東京ラインが動いていることを知る。高崎発小田原行きが直ぐに来たので飛び乗った。片道1時間20分ほど、料金的にも十分元が取れそうだ。
小田原到着は午後2時前。
すぐに小田原城へ。
前回来た時は天守閣の修復工事中だったが、今回はスッキリしたお城を見ることが出来た。
小田原城は天守閣そのものよりも周辺の門やお堀など城を固め要塞化する施設が印象的。
四代目・北条氏政の時代には武田信玄や上杉謙信の攻撃を退け難攻不落と言われていたし、天下統一の最後の仕上げと言われた豊臣秀吉の軍勢による包囲攻撃でも最後は落城したものの数ヶ月の籠城作戦を実行していた。
秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構は総延長9kmにも及ぶらしい。
今回は早々に城を去り周囲を散策。
散策と言うよりは登山に近いほどの登り道を長時間汗だくとなって歩いた。
なるほど起伏の激しいあちこちに濠の名残りが見られ、日本最大の中世城郭の片鱗を拝み見ることが出来た。また、小田原の偉人、二宮尊徳を祀った城近隣の報徳神社も素晴らしかった。
迷走の末に辿り着いた小田原だったが、期待以上の良い時間を過ごすことが出来た。

by ptaro2009q2 | 2019-09-11 10:30 | 神奈川

城ケ島 (2)

b0408745_10400422.jpg


三浦半島の先っぽ、城ヶ島の南岸は崖下に長く広がる海岸線が続く。
交通のアクセスも極めて限定的なこの小島、驚くほど自然がそのままに残っている。
観光客が唯一集まっていた「馬の背洞門」から3‐400m離れたひと気のないところで磯遊びしていた親子が目を引いた。
運動靴以外には一糸まとわぬ姿の女の子、なんと天真爛漫、天衣無縫なことであろう。
いまどきこのような恰好でなんのてらいもなく磯遊びしている姿にちょっとした驚きと感動抱き、思わず反射的にシャッターを押してしまった。(ゴメンナサイ!)
3月末ではあったが、初めて春の訪れと喜びを実感した瞬間でもあった。
春の陽浴びて無心で磯を歩く女の子の姿も十分感動的であったが、娘さんを裸にして遊ばせたこの若いお父さんのココロの大きさと優しさも何だか良かったなあ。


by ptaro2009q2 | 2019-04-20 06:08 | 神奈川

城ヶ島 (1)

b0408745_22393509.jpg


三浦海岸の隣駅が京急線の終着駅である三崎口。
そこからバスに乗り、三崎港経由で終点の城ヶ島海岸へ行く。
♫ 岬(三崎)巡りのバスは走る〜、である。 (古いか?)
城ヶ島には馴染みの民宿があり、そこで露天風呂に入り湯上りにカワハギで一杯というプランであったが、行ってみるとお目当ての民宿はどうも閉館している模様。
あてが外れたオジサン三人組、所在なげに取り敢えずは海岸をぶらぶら歩くことにした。
岩礁のうえでは磯釣りの人々、磯遊びしている若者や子供も結構いる。
3月下旬、珍しく突然気温20度ほどに上がった日で、陽気に誘われて海岸に出かけた人が多かったのであろう。
険しい海食崖から太平洋、遥かに見える大島の眺めは悪くない。
目先には「馬の背洞門」と呼ばれる、岩にすっぽり大穴が開いた奇観がある。
長年(といってもどれだけ長いのか想像もつかないが)の海水の浸食で斯くも大きな穴が開いたという。
嘗ては空洞部分の上部の岩上を歩くことが出来たとのこと、くわばらくわばら。
一時間ほど歩いたあとに、近くの京急ホテルに日帰り温泉があることを知り、海を見ながらの露天風呂を楽しんだ。
カワハギを食べられず唯一残念ではあったが、暖かい春の一日、好き一日であった。


by ptaro2009q2 | 2019-04-14 06:16 | 神奈川

三浦海岸(1)

b0408745_21234065.jpg


三月下旬の良く晴れた日、品川から京浜急行に乗ってヨコハマ、ヨコスカの先、三浦海岸へ。
ほんの数日前までは河津桜見物で連日大勢の人が押すな押すなと犇めいていた地であるが、訪れた日には早咲き桜はすっかり緑に色を変え駅前も普段の静けさを取り戻していた。
当地への小旅の目的は、親しき友と三人で 海岸近くの汚いが 旨い魚を食べさせてくれる店へ行くこと。
行列待ちをしたあと、刺身盛り合わせや「キング・オブ・煮付け」と呼ばれる金目鯛の煮付け、サザエご飯などで昼の小宴を満喫した。
食事のあとに海岸を歩く。
綺麗な砂浜、夏には海水浴場になるようだ。
浦賀水道をはさんで対岸の房総半島が見える、意外にもかなり近くであることに驚く。
少年たちが砂浜で砂と戯れ、波と戯れ、友と戯れている。
いつまで経っても飽きることなくその場を離れない。
その無邪気さが羨ましかった。
目の前の海のように少年たちに与えられる無限の可能性、これから迎える時の長さが羨ましかった。
春の柔らかな陽ざしが彼らを優しく包み込んでいた。(←中ジョッキ2杯で酔っ払ったオジサンの感傷)

by ptaro2009q2 | 2019-04-12 06:04 | 神奈川

鎌倉 (1) 円覚寺

b0408745_18512397.jpeg

桜開花まもなくの頃、北鎌倉の円覚寺、建長寺などをのんびりと逍遥。
「いいくに(1192年)造ろう、鎌倉幕府...」とツブヤキながらのお散歩であった。
憂き世から離れ、中世へタイムトリップする歴史散歩に癒やされた。

by ptaro2009q2 | 2019-04-06 18:59 | 神奈川

奥高尾 (1) 小仏城山

b0408745_07141763.jpeg



10数年前から山歩きに取り憑かれている。
今回も高尾山口駅から高尾山頂、そして奥高尾の尾根沿いに小仏城山へ。昼食のあと帰路は、相模湖へ降り、JR相模湖駅まで歩く、というお馴染みのコースである。
山もまだ色を持たず、さしたる目玉のない季節、人気の高尾山もいつもに比べると随分人が少ない。
山歩き、歩を進めるにつけ次第と世の雑事のことは忘れ、自分自身の精神や肉体と向き合う感覚、更には自分と向き合うことからも脱却し無になってただただ歩を進めるだけとなる。
この感覚が良い。
マラソンランナーのランナーズハイにも似た境地だが、本日の小仏城山から相模湖へ下る約30分の下り坂では追い越す人にも追い越される人にも遭遇することなく、ひたすら森の中を一人で歩くピュアな時間であった。 
気が付くと地球に存在する人間は我れ一人だけ、という感覚で深い森の中を無心で歩いた30分は永遠の時間のようにも思えたものであった。
写真は 目的地・小仏城山の頂上に向かう最後の長い登り道。この後茶屋で火を焚いての昼ご飯とコーヒーが待っている。

by ptaro2009q2 | 2019-02-28 07:13 | 神奈川