人気ブログランキング |

ニューヨーク (30)

b0408745_08133032.jpeg

三度のメシほどではないが、幼少の頃から結構な野球ファンである。
毎朝起きてすぐにチェックする情報はアメリカの経済指標とMLBのスコア・データ。(笑)
昨日は自宅でワールドシリーズ第7戦を観戦していた。
ア・リーグのアストロズは優勝候補本命チームだが、ナ・リーグのナショナルズはワイルドカードからの勝ち上がり、6戦目まではいずれも敵地でのアウェイチームが勝利する意外な展開、しかも敵地で3連勝し優勝に王手をかけたアストロズが、地元に戻りそのまま勢いと王者の貫禄で栄冠を勝ち取るかと思われた6戦目、終盤ナショナルズが長打攻勢で逆転勝利。
最終のこの7戦目もアストロズが6回まで相手をシャットアウト、2-0でリード、このまま寄り切るかと思われたが、6戦目のコピーを見るかのように7回からナショナルズの打撃が火を吹き大逆転、チーム史上初の世界一の栄冠を勝ち取った。
相撲でいえば土俵際でのうっちゃりでの勝利、平幕が横綱に番狂わせ、見ている者にとってはドラマチックで面白いゲームであった。
米国のMLB.com やESPNのサイトを流し読みしていると、アストロズは7回から絶対的エースでポストシーズンも好調だったコールをなぜ投げさせなかったか、という批判的記事が目についた。ワールドシリーズ最終戦の締め括りの局面で最も信頼に値する先発投手を救援で使わない手はないだろう、という批判だが、マア此処は若いナショナルズ打線の打棒を讃えたい。
期待していたゲーム展開を見ることが出来昨日は大変満足した。
勝負のアヤはあざなえる縄の如し、一瞬のボタンの掛け違えで白黒が変わる勝負の厳しさ、面白さを堪能した。
嘗ての米国拠点の同僚何人かとはまだ時々Facebookなどで親交があるが、やはりMLBファンのR君からは、早速「5月末にナショナルズがチャンピオンになることに賭けていれば、俺は大金持ちになっていた」というメッセージが来て笑ってしまった。確かにレギュラーシーズン出足2カ月のナショナルズは大きく負け越し、此処までの勢力回復、大進撃を当時マジメに予想した人は皆無に近かった筈だ。
写真は、優勝決定の良い外部写真を見つけられなかったので苦し紛れに貼った古い古い一枚。
ニューヨーク、タイムズスクエアの土産物屋で当時のヤンキース選手のユニフォームが展示販売されていたもの。
思えば当時のヤンキースの主力選手、ジータ、クレメンス、リベラ、ペティット、皆深まる秋の歌舞伎やオペラの舞台に登場する千両役者の風格があったものだ。懐かしい。

by ptaro2009q2 | 2019-11-01 09:17 | USA